インサイトの訓練
よもぎ

日々是徒然

 

くさい人 くさくない人

すごく小さなことなんですが、
どうしても納得できないことがあって
抵抗している件があります。
こういう時の自分は、
相手が大きな取引先でも関係なく主張しますから、
めんどくさいヤツ(会社)だと思われているはずです。


周りからたまに言われる、
「それ、うえださんらしいですね」とか
「ギリギリまで主張するよね」とか
「変わってる」
というお言葉の数々は、
このめんどくさいヤツに対する
少しの賛意と呆れが混じったものだと思いますが、
そういう人たちの多くは、
「めんどくさくない人」なんですね。

んで、「くさくない人たち」を定点観測してみると、
「間違ってる(納得できない)ことに対して主張しない」
んじゃなくて、
「間違ってることすらわかっていない」
という人たちが少なからずいるようです。


時代の空気は、
「大多数の人が言ってることは正しい」
と思い込んで、その中身を自分で考えることなく、
「多数か少数か(どっちが多数になるのか)」
ということだけで白黒・善悪を判断している感じ。

なんだかすごくコワいですよね。
(しかも「自分は多数か少数かで判断していない」
と思い込んでる人がたぶん多いからなおさら厄介。)


「王様は裸だ」

って自分に正直に言う子供の方が
よっぽど大人なんだっての!
(↑これ須藤さんの受け売りです)

(2017.6.22)


もっと見る


STAFFにっぽー

いやーまたやってしまいました「腰」。しかも父の日に!!
流石に、この日だけは楽が出来ると思いきや我が子は裏切りません。
悲しいほど何もしてくれませんでした。
当然、私自身が親に対してしていないので、子どもにしてもらおうと思う事自体間違っていると考えるのですが、せめて「腰」をやった時ぐらいは手伝って欲しかった・・・。

と思いながら10年後が不安になった今日この頃でした。(ただのグチです。)

担当・三澤