むかしのぼやき

2021.6.17(木)

 

レアじゃない。それもまた人生…ってか

   

遅ればせながら
「美人(美男)Uber配達員」の存在を知る。
(オレの住んでるとこにUberなんていねーから凹)

その中には、
写真集やグラビアに登場してる人もいるとか。


「美人Uber配達員」というインパクト
(「手に届く」「会話ができる」という身近さ)

彼女たちは、メディア関係者が多い地域を配達

つながりができて計算通り見事にメディアに露出!

YouTubeなどでも積極的に発信してま――す!!


↑いや、素直にすごいし、たくましいと思う。

「美人(美男)」って結構いるけど、
そこに「Uber配達員」という要素がくわわると
意外性が加わって「レア」に変化する。
そして「レア」を利用して発信力(価値)をさらに高める。

当然、この方程式が誰もに知れ渡ると、
その価値は暴落するから、早目に気づいた人は
次手をあらかじめ考えておく必要があるし、
気づくのが遅い人は「レア+α」が必要になる…。


!!!


オレって、

・就職について、いろいろと独りよがりの話ができる
・たい焼きを焼いてる
・ネガティブなネタを20年以上アップし続けてる
・引きこもり気味ではあるが超零細企業を運営してる
・還暦前なのに友人・知人が極端に少ない

ってことで、「結構なレア」なんじゃないの???


…いや、これは

確かに「人物的にはレア」であるかもしれないが、
「市場価値」はそんなに(というか全然)なさそうだ。



「地味に生きつづけることもまた人生である(胸張)」


そんだけ

(2021.6.17)

2021.6.16(水)

 

歴史を刻むということ

   

Amazon創業者ジェフベゾスさんが
7月に弟と数分間宇宙へ。

んで、ZOZO創業者の前澤さんは、
12月に12日間ISSへ。さらに2023年に月の周回へ。

その他、イーロンマスクさんなど
著名な実業家が続々と宇宙を目指しているけど、
実際に彼らがナマ宇宙体験をしたら、

「やっぱナマ宇宙はスゲ――ッ!!」

ってことになって、
宇宙開発のスピードがさらに加速するはず。


…にしてもだ。


仮に前澤さんから、月周回に誘われても、
剛力さんと違う理由でオレも断る!


タダでも断る!

100万でも全然リスクに見合わん!!

1億だったら…ちょっとだけシンキングタイムをくれ!


って感じかな。
(ちなみに、ベゾスさんの「数分宇宙」の提案なら、
ゼロ円以上で、トシオ 行きま――す!)
理由:リスクが少なく、帰還後のメリットが∞だから。


そう考えると、
「初期に宇宙を目指した飛行士の人たち」って

「歴史に名を刻む"とんでもない冒険野郎"」

だったんだと思うし、
オレレベルの地球人は、

「永遠に"陰ながら応援してます"外野野郎」

なんだよな。


最近「卑屈慣れ」してきてるかも…。


そんだけ

(2021.6.16)

2021.6.15(火)

 

!!あなたのうしろに!!

   

最近、集中力がなくなり
本を一冊読むのにも数日かかってしまう自分。
リハビリのためにサクッと読めそうな本を探してみる。

んで、ベストセラーになってるらしい
ひろゆきさんの「1%の努力」を読み始める。

確かに、自分比1%の努力で読めるサクサク本だった。

ひろさんは、すいぶん発想が自由で、書いてあることに
「そうだよね」
と思うことが多いけど、そのあとで、
「言ってることはわかるけど、現実は…」
という「言い訳」をしてしまう自分がいる。

「言い訳」をしている限りは
たぶん自由にはなれないんだな…。

いや、ちょっと違うか。超訳すると、

「言い訳」をすることすら忘れちゃうところに
自分の身を委ねていこう!

というこに近いか。


これって、以前徒然でも話したけど、
「『過労死』というのはたくさんあるのに
趣味の行き過ぎによる『過趣死』はない…たぶん」
ということと似てる気がする。


「ストレスフリー」
という生き方はすぐには難しいかもしれないけど、
少なくとも、
「ストレスを上回るフリー」
に身を置くことを考えて行動しないと、
「いろんな言い訳」
はずっとついてくる。


あなたのうしろに言い訳が―――ッ!!


なんてね

(2021.6.15)

2021.6.11(金)

 

華はある

   

「会社って、作るのはカンタンだけど、
維持するのは難しい」

なんて言う方が結構いますが、
零細企業を運営している私でさえも
「そりゃそうだろ」って思います。

ただ、維持するよりもさらに難しいのは
「作った会社の始末をつけること」なんですね。
(↑「それがわかる渋い男になってきた」ってこと?)

「始末の選択」としては、
「承継」「売却」「廃業」などがありますが、
成長の見込みがなく、借入(負債)が多ければ
「ハッピーリタイヤ」はたぶんできません。


(((;゚ェ゚;)))


話は変わりますが、
売れない若手芸人のドラマ「コントが始まる」の中で、
長く芽が出ない芸人たちの進退に対して、高校の恩師が、

「もうあきらめた方がいい。
これから先売れなかったら、その生活の厳しさは
若い時の今と比べものにならないぞ」

なんて言ってたんですね。

これ、「御説こもっとも」に聞こえるんですけど、

「たとえ中年になっても売れなくて、
そのまま売れない芸人で最期を迎えたとしたら
(その覚悟がお前たちにあるのなら)
それはそれでしあわせなことなんじゃないの」
(そこまで考え抜いてアドバイスしろや凸)

って思うんです(↑むずかしいけど)。


ガチガチの価値観に囚われている人には
見えにくいんですけど、
華にも影はあり、
暗闇で見えない中にも華があるかもしれません。


果たしてマクベスはどうなるのか。
たとえ見えない華でも、見届けたいと思います。

(2021.6.11)

2021.6.10(木)

 

小さな会社の代表あるある

   

小さな法人の代表をしている何人かと会食。

漬物の話で盛り上がり、

「それ事業化できるんじゃないの?」

ってことで、

「うえだは登記に詳しいからお願い。
ついでに代表もやってよ。
お金は1人20万ずつ出資するからさー」

だってさ。


↑こーいう連中って、
普段神輿に「担がれ慣れ」てて、
「一緒に担ぐ」っていう気持ちよりも、
「お金は出すから、あとはヨロシク!」
ってことが多いから、注意が必要なんですよ。


デジタル時代に「漬物」ねぇ…。
「事業目的」に「有価証券の運用」も加えるか…。
(↑なんで?)


…いけね!
もう少しでやる気になるとこだったわ。


だから、連中はオレに重い荷物を担がせようとしたわけね。

そーいうところは、抜け目ないっていうか、
いいとこ突いてるかも…。


やらんけど凸


損抱け凸(抱かんけど凸)

(2021.6.10)

2021.6.7(月)

 

非日常の心得

   

「一人キャンプ」は知っていたけど、
「プロキャンパー」というのは知らなかった。


「情熱大陸」に出ていた伊澤さんという方は、
「一人で生きていけるスキルを身につける」という
キャンプ哲学を持っていて、
最低限の装備で生きていく術を現代人に教えている。

そして、これは災害時の「防災キャンプ」として
注目を集めているらしい。


大災害後によく売れる「防災グッズ」。

コンパクトにまとまってて
常備しておく必要があるんだろうけど、
いつもそれを背負って生活してるわけじゃないから
いざという時手元にない可能性は高い。

「防災グッズを探していたら被災した」
という、本末大転倒の可能性も十分ある。

だから、
「周りにあるもので
どーやって生き抜いていくのか」
という知恵や技術を身につける方が重要だ。


話は少しそれるけど、
街角のいろんなところに設置してあるAEDだって、
使い方がわからないから、
「『指示に従って使っても、失敗しちゃうかも』
という不安で、命の危険がある人を
見て見ぬふりしちゃうんじゃないか」
って思うんだよなぁ…。


「AED使い方研修」があったら、参加しないとな。
「防災キャンプ」のやり方も身につけないと…。

なんて思いながら、
数日経つとすっかり忘れて日常を送ってるオレ。


キミは「デジタルにも非対応」なんだから、
いざという時、「足手まとい」にならないように、
少なくとも「アナログ対応」だけは
しっかりと身につけておかなくちゃ。

(2021.6.7)

2021.6.1(火)

 

Yahoo!にお願い

   

Yahoo!をのぞき見すると、
大谷選手と小室圭さん&眞子さまの話題がやたらと多い。


これ、もしかしてAIかなんかが、
「うえだとしおさんは、こーいうのお好きですよね」
って、優先的に表示してんの???


違うか(違わんか)


書き手もイヤイヤネタ作りしてるかもしれないけど、
なんだか味の薄っす――い味噌汁を
何杯も無理やり飲まされてる感じなんだよなぁ…。


↑わかる?(わからん?)


同じく中身の薄っす――いネタ作りにはげんでる
オレが言うのもなんだけど、
できれば一杯でいいから、
中身の濃い具だくさんの味噌汁が飲みたいです。


孫だけ

(2021.6.1)