むかしのぼやき

2021.9.16(火)

 

『大名言』…その後のわたくし

   

知り合いの方から、
ずいぶんと前向きなメールが届く。
やっている商売も、かなり上手くいっているみたい。

私のすごいところは、こーいうメールを読んでも、

「オレも頑張らないとな!!」

とならないところなんですよ。
(「上手くやりやがって」という気持ちにもならん)


以前にも紹介したけど、
イヤイヤつきあってたあるコンサルから


「君は湿った炭だ凹
燃えなくてもいいから、せめて乾燥してくれ凸」
(≒君ほどコンサルのやりがいがない人はいない)


との『大名言』を残されたことがある(胸張)。


そして『大名言』から13年…。


うえだ先生(←たまたま平仮名だと同じ苗字)。

私は相変わらず乾燥すらしない人生を歩んでいます。

んで、気づいたのは、

「無理に乾燥する必要はない」

ということであります(・ω・)ゞ

「湿ってる=悪」「良く燃える=善」
などと考えるようなコンサルは並。

「湿ってる炭の利用法」
がわかるコンサルが上。


「絶対そうだ」とは言わないけど、
たぶん「ほぼ合ってる」んじゃないの?


そんだけ

(2021.9.16)

2021.9.8(水)

 

足場 ~薄味愛~

   

当社の社屋は、現在補修工事のため、
足場が組まれています。


足場


週末こっそりと屋上に登ってみたのですが、
コワすぎてすぐ降りちゃいました。

それにしても、
足場ってすごく機能的にできています。
どんな複雑な形状の建物でも組むことができて、
しかもシンプル。

まさしく「究極の機能美」!!


美しすぎる…。


…というわけで、
いろんな意味で、もはやとび職にはなれない私ですが、

「そんな足場を身近で愛でることはできないか?」

と考え、

「足場 おもちゃ」

でネット検索してみると…


ありました!


『建設足場ガチャ<全5種>1個 300円』





…これには「究極の機能美」が感じられない…全然違う。

んで、もっと探してみると…


ありました!!!


「仮設通販.com」さんの
「足場教育用模型Aタイプ基本セット」


足場


「1/10サイズ足場模型」
「足場業界の長年の悩みを解消!画期的職人育成教材」
「あなどれないクオリティ!机が現場に早変わり!!」


価格 550,000円!!(受注生産)
(現場に持ち運べるアタッシュケース付き)


高いな…(本人希望価格1万円以下)


「まさかあるわけないよね」
と思って、メルカリで「足場」を検索したら、


ここにもあった!!

しかもホンモノ!!


中古足場材 258,000円(画像省略)


こんなのシロートが買えるかッ凸(いろんな意味で)


メルカリって、
違法なもの以外何でも売ってんのね…。


今回は「ただの足場傍観者」だった私ですが、

「世の中には『とび職でもないのに、
趣味で自宅に足場を組んで楽しんでるヤツ』は必ずいる」

と確信しました。


知育玩具としても有効じゃね?


以上、報告終わりッ (・ω・)ゞ


(2021.9.8)

2021.9.7(火)

 

病んでますか―

   

会社を作った時、

「会社ってどーやって運営すればいいの?」

ということがまったくわからなくて
救いを求めて本を結構読んでいたことがあります。

その中でも、中小企業経営者にファンの多い
稲盛和夫さんの著作はかなり読みました。

感想はと言うと、
(たぶん間違いなく読みが浅いと思うのですが)
「公平無私」の思いがすごく伝わってきて
ほぼそれと真逆な私には息苦しさがあり、

「(そんな生き方)オレにはムリだよ~」

と感じ、一年前すべての本を手放しました。

私が「経営者」と自称しない理由は
彼と柳井正さんの著作のトラウマです。
(=それだけ彼らが超優秀な経営者だということ)


…んで、先日暇だったので(←いつものこと)、
本棚にあった渋沢栄一さんの「論語と算盤」を
読み返しました。

そこには、

「たとえ起業の動機が不純なものであったとしても
それが結果として社会に役立つものであるなら
やってもいいんじゃね?(以上うえだ超訳)」

と書いてあったんですね(たぶん)。
(↑これ、まさしく「論語と算盤」)


たとえば、何かを始めようとする時、

「その動機は『善』なの?『私心』はないの?」

と問い詰められると、
たぶん多くの人には「私心」があるから
「私心」が「不純物」だと思ってしまい、心が揺れます。

だけど、

「それって社会に役立つの?
だったらとりあえずやっちゃえば!」

と言われると、なんだか急にハードルが低くなった感じで
飛びこむ勇気がわいてきます。

たぶん渋沢さんも稲盛さんも
経営者として同じ方向を向いていると思いますが、
飛びこむ人が多いほど水は淀まなくなるし、
世の中を変える企業が生まれる可能性も高くなります。
(同時に屍も多く生まれるけど)

また、「飛び込んだ」という体験(メンタル)そのものが
その人自身や、大きく言えばこの国の見えない財産に
なると思います。


とりあえず飛び込んで
おぼれそうになってる(あるいは今まさにおぼれている)
私が言うんだから、
間違いありませんね……たぶん。


↑また「いつもの淀んだオチ」かよ…いい加減にしとけ凸

↑いやならアクセスすんな凸

↑んだんだ

(2021.9.7)

2021.9.3(金)

 

マスゴミに告ぐ!
~オレを晒したいなら、まずこれを読め~

   

ストレスの発散場所がなくなってきたためなのか、
物騒な事件が結構起きている気がする。

たとえ平凡な生活を送っていたとしても、
その生活がいつ暗転して、
自分が加害者・被害者になるかわからなくなってきた。


もし、私が何らかの加害者(犯人)になった時、
ニュースに出てくる顔写真は、誤報を避けるため、
卒業式のアルバムのヤツが使われるのだろうか?

だったら確実に人相が経年劣化してますよ。

あるいは、まさかとは思うけど、
徒然の「目つきの悪い自画像イラスト」を使うとか?

これはあり得んか。

いっそのこと、
葬儀用の写真を生前に撮っとく人みたいに、
「何かあった時用」の写真を撮影して
会社の誰かに託しておくとか!……これもないか。


それと、一番心配なのはニュースでの、
「『自称知人』によるモザイクでの言いたい放題」だ。

こーいう時、メディアはたぶん、
「犯人のマイナスイメージコメント」を求めてるから、

・キレやすかった・何を考えているかわからなかった
・友人がいなかった・いじめてた・いじめられてた
・気持ち悪かった・人を見下してるところがあった

というのが「求められてる定番(大好物)」だろう。

これは私のような「自称人格者」でも
たぶん防ぎようがない。

だけど、今の時代は、

「そんなことまで掘り起こされるのか!!」

ということを掘りまくる粘着才のヤツが一定数いるから、
この徒然を読みまくれば、

「犯人は間違いなく変わってるけど、ネタの宝庫だよ~」

って思うんじゃないだろうか?……これもないか。


ただし、仮にそれがネタの宝庫だとしても、
20年分の徒然を掘り起こすためには
(私という人物像を理解するには)
たぶん寝ないで1週間は軽くかかると思う。


そこをなんとか掘り返してくれ!

本当の私は、ここに埋まってるのだから。


※なんかテキトーに入力してたら、
いつものわけのわからんネタになってきたけど、
消去せずここに埋めとくことにする。

(これも私なのだから)


↑きれいに締めたつもり

(2021.9.3)

2021.9.2(木)

 

治療法…ありませんよ

   

「ワクチン接種後の副反応がすごかったアピール」
がネット上ですんごくて、かなりビビってるオレ。

そういえば、当社でも私の年齢と近い方の中に、
「副反応が想像以上だったので休ませてください」とか、
「確かに腕が上がらなくなりました」
なんていう人がいたから、
「中高年でも高確率で副反応は起こる」気がする。

もし接種後、
「すんごい副反応が襲う」んだったら、
「接種しないで感染した方がラクなのかも」なんて、
ヤバい考えが瞬間浮かんだりした。

んで、先日1回目の接種を受けたんだけど、
その後なんともなくて安心して、
それから1週間後ぐらいに、
注射したところあたりが筋肉痛っぽくなった。

んでんで、瞬間、

「オレが中高年だから
副反応も筋肉痛と同じで時間差で襲ってくんのか?」

とも思ったけど、もし仮にそうだとして
「コロナ接種副反応相談窓口(仮)」
に相談したとしても、確実に、

「あなたの場合、筋肉痛と接種の因果関係は
まったくあり得ません(+冷笑)」

って言われると思う。

「でも、実は副反応だったらどーする!!(怒+発汗)」


↑これ、

「被害者意識無限ループ」

という病気かもしれませんね。
(たぶん治療方法はありません)

(2021.9.2)

2021.9.1(水)

 

やややんでる

   

ICTの時代(←意味わかんなく使ってる)、
電話やFAXの地位は下がりっぱなしだ。

確かにDXの時代(←説明不能)、
「相手の都合を考えずに電話をしてくるヤツとは
しごとをしない・したくない」
という人は結構いる。

こーいう時代は
「アナログネイティブ」の私にとって結構な恐怖だ。

だが、そんな闇の中、光明が…。


それは「古田新太さん」


彼は、携帯を持ったことがなく、連絡手段は
「自宅へのFAXか居酒屋を探すしかない」
という話は以前から知ってたけど、
いまだにそんな感じらしい。


カッコイイ~


オレもかくありたい!

…とは思うけど、
さすがにそこまで振り切る勇気はないな…。


カッコ悪ィ~


でも、
「古田さんがなぜそれを続けられるのか?」
を冷静に分析すると、

①傍らに、デジタルをアナログに変換して
彼に伝える人がいる(変換を厭わないサポーターの存在)

②「どんなに連絡難易度が高くても伝えたい!」
と感じさせる彼の魅力(だから大勢の発信者が絶えない)

たぶんそーいうことなんだろうね。


んで、この分析を参考に
「もし自分がアナログに完全回帰したとしたら」
を想像すると…。


『間違いなく、誰からも一切連絡がなくなり
存在すら知られることもない存在になる』


つまり
「キング・オブ・路傍の石」
ってこと?


コワすぎるので、なんだかやるせないけど、
「それでもデジタルの最末端にしがみついて生きよう」
と決めた(ただし、その意思は微弱)。

(2021.9.1)